« 初期DS本体を分解(笑) | トップページ | 総アクセス10000突破!!! »

2010年10月14日 (木)

AX16を作る その四 (完結)

  ついに完成いたしました!!こいつは近鉄の中でもかなりの異端車だと思います。(まずはご解説を・・・

2800系AX16は下交差パンタを装備しトイレのない青山町以西用4連として運転されています。最終編成AX17も下交差パンタで新造されましたが明星所属でトイレが付いているため組み合わせが多彩になってしまっています。ブレーキもAX15以降変更されており、南大阪線ではU19、21、奈良線ではX69以降の編成でも聞くことが出来る音です。

さてさて、今回の製作期間は3日で、パンタ台座やヒューズボックスの配管などにこだわりました。

P1160163まずは伊勢側です。車番だけはなんとかきれいに貼りたいもんです・・・

P1160162 こちらは上本町側。特に変わりないですが10番台には中間連結の箱が付いてないことに驚きました。

それでは1両ずつ解説。

P1160164モ2816、見た目2610系ですが交差パンタであることが特徴です。

P1160165 次にサ2966。床下はとことん似てるパーツ使ったつもりです。AX09が名古屋に転属時、この1両を抜き取り3連にしましたが、連接パンタを嫌っているのでそこまではないと思いますが・・・

P1160166 モ2866.交差パンタだけが印象的。

P1160167 ク2916.ほんとに2610系とほぼ同じです。

P1160168 最後にパンタ周り、モ2816だけヒューズボックスが1つになっているということを某サイトの知り合いの方から教えていただき、それ通りモールドを削り、1つにしました。以前製作したのと比べると手を抜いたところがバレバレ・・・

評価は・・・

★★★☆☆

★3つ!!2つ★取ったのは、塗装で1つでインレタやシールで1つ引きました。どうでしょうか、写真ではわからないところもあるのですが、すべて水性塗料のため十分に乾かしたつもりでも諮問がついたり、マスキングしたら実は少し乾いてなかったりしてざらざらになってしまったところがあります。インレタですが最初の2枚の写真を見ると前面の車番がガタガタという点・・・

これはなんとか克服したい難点ですね・・・

今年はこれで製作終了なのかな・・鉄道祭りがいろいろあって、行くのが精一杯になりそうです。

以上

|

« 初期DS本体を分解(笑) | トップページ | 総アクセス10000突破!!! »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1330012/37222673

この記事へのトラックバック一覧です: AX16を作る その四 (完結):

« 初期DS本体を分解(笑) | トップページ | 総アクセス10000突破!!! »