« 近鉄3200系を3度目の前面更新(汗) | トップページ | VW39を動力化工事 »

2010年10月 5日 (火)

【特集】(なのか・・・?)近鉄の渡り板のおろし方検証

P1150906 なにもかもがややこしい近鉄電車ですが、その中の渡り板について検証してみたいと思います。模型では自由に下ろしたり上げたりしますが、実車は路線によって規則正しく分かれています。

Pap_0006 まず左の奈良線と右の大阪線を伊勢方面を見たときの顔。幌付き側は奈良線では上げて、大阪線では下げています。

Pap_0007 形式は変わりますが今度は上本町方面を見たときの顔。右が奈良線で左が大阪線です。こちら側は奈良線が下げていて、大阪線は汚れも無いほどきれいに上がっています。

P1150253 今度は南大阪線。大阪線同様幌側の渡り板を下げています。MiやAYなどの前パンタ車だと奈良線と大阪線が混ざったみたいで違和感があります。

昔は連接式の渡り板が1020系あたりの製造まで取り付けられていましたがそれ以降今のタイプに交換されたと思われます。ややこしい・・・

以上

|

« 近鉄3200系を3度目の前面更新(汗) | トップページ | VW39を動力化工事 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1330012/37095701

この記事へのトラックバック一覧です: 【特集】(なのか・・・?)近鉄の渡り板のおろし方検証:

« 近鉄3200系を3度目の前面更新(汗) | トップページ | VW39を動力化工事 »