« 余計なもの導入記 | トップページ | 683系増備 »

2011年5月11日 (水)

1本しかいないよシリーズ 第6弾南海6000系6009F

そろそろこのコーナー中断してもいいぐらいなのですが・・・

さてさて~本日は40年以上走っているのにも関わらずトップナンバーのご老体が健在の6000系です。

知ってる方ホントに少ないと思われますがその中の6009Fです。

P1180023 一見普通の6000系ですが・・・

P1180022 こんなことになっています。4連の片割れと思われますが、それに2連をくっつけた南海独自の組成です。本線でもこんな4連いましたね~(汗)6300系6連は山ほどこういうのいますが、1枚扉で封じ込められているのはこの編成だけかと・・・

来週から続けれるか心配ですが・・・

|

« 余計なもの導入記 | トップページ | 683系増備 »

特集」カテゴリの記事

コメント

高野線の6000……

廃車と言う言葉とは無縁ですね〜
変な編成は6300の印象が強かったのでこんなやつもいるんだ〜、って思いましたわ

投稿: 鉄楽人 | 2011年5月11日 (水) 20時48分

この中間運転台式は南海名物ですが片開きの6000系は1編成しかないのですね。
知りませんでした…

ネタなら近鉄でまだベタなネタが残ってますよw
僕の(ry

投稿: 村崎芋鉄道 | 2011年5月11日 (水) 22時14分

この編成、難波行ったときに見ました。
貴重な編成ってわかってたら撮り鉄してましたわ。

投稿: NER1501 | 2011年5月12日 (木) 17時51分

6000系の運転台封じ込めはこの6009Fだけですよ。聞く話昔事故があったらしいですよ。近鉄にも似たような奴ありましたよね?

投稿: 銀河 | 2011年5月12日 (木) 19時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1本しかいないよシリーズ 第6弾南海6000系6009F:

« 余計なもの導入記 | トップページ | 683系増備 »