鉄道模型

2013年4月 7日 (日)

TOMIX キハ40、48JR東海色 導入~

どうもこんばんは。昨日から今日にかけて春の嵐でしたね・・あまり出かけるような天候ではなかったのですが、車で模型屋さんに行き走行会をする程度でした。それ以外は積み上がっている製作車両を進めていました。

後に詳しく紹介するのですが、近鉄平屋根(1両丸屋根)8両とけいおんラッピングトレイン主に進めていました。おかげで少し机が片付いたように思われます・・・阪和103系8両、南海も8両製造計画があり近鉄の製作が落ち着けばはじめたいと思います。

さて、そろそろ本題に入ります。いろんなところにほれて導入した車両をご紹介します。

Rimg0068キハ48の2両セットとキハ40、48混結の限定品3両セットの合計5両のJR東海色です。

管理人は普段電車ばかり買っているのですが、気動車はよっぽどのことがない限り買いません。(このカラーって近鉄乗ってたら伊勢市とかでよく見るじゃないですか)

Rimg0069_2それでは箱から開けて見ましょう~まずは片運転台のキハ48。2両セットと限定品に1両入っています。

Rimg0075限定品のみ入っている両運転台のキハ40です。M車とT車1両ずつ入っており、運用は1両単位で幅広く遊べそうです。

Rimg0072肝心な光り物ですが、全体的にバッチリです。行き先の文字もはっきり見えますね~これは満足です。

Rimg0077最後に(ピントが先頭にしか来てませんが・・・)ラッシュ時対応の5両つなげてみました。所々に運転台が挟まれているのがなんともいえません。実に圧巻です・・・

以上、最後までありがとうございました~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

マイクロエース南海6100系台車履替工事施工、6300系へ更新

こんばんは、4月から新しい仕事を覚えるのに必死の管理人です。

電車だけ知ってても仕方がありませんね。仕事は段取りを立ててからこそうまくいくものなのですね。ボチボチがんばって行きたいと思います。

さて、以前某氏からお安く頂いた南海6100系の台車履替工事、受け取り整備が完了し6300系として本日出場しました。

まずは台車の履き替え方法をご紹介します。

Rimg0052まずはKATOASSYから阪急6300系用台車を頂いてきます。

Rimg0053次に裏側から軸部回りを薄く削ります。

Rimg0054_2次に軸穴を広げて、台車が余裕で回転するようにします。(理屈的には先に軸穴を広げて、軸部回りを薄くするほうがよいかも知れません。薄くなったプラを無理やりこじ開けるので台車を真っ二つにしてしまう恐れがあります。)

Rimg0055そして車輪や集電銅など取り付け、ビスを締め付けるとこんな感じです。軸部回りを削ることでビスを締め付けても台車に上下の遊びを設けています。

続いて動力車の台車交換です。

Rimg0058元々のモールドをスライスして車軸が入る程度に残します。
Rimg0060そして鉄コレのレリーフからミンデン台車を使用、突起部分を切り落とし少し紙やすりで幅を薄くしてから強力な両面テープで貼り付けました。

これで台車履替は完了です。

後は車番貼り変えなどなどいつものメニューを施工して・・・

Rimg0064完成です!!編成は6322Fの4両編成です。実はこの編成、中間の連結器が全車半永久密着連結器に試験交換されている編成ですべて密連TNを取り付けました。

←なんば 6322‐6422-6472-6372(M) 橋本→

今回はM車を入れていますが、製品の構造上赤の車番の先頭車にモーターを入れています。

Rimg0061_2橋本寄りのC#6372から。渡り板を上げた状態を再現。パーツは阿波座さんの6000系3次車用パーツを使いました。

Rimg0062パンタは屋根に取り付け穴を新規に開けて、阪急パンタに交換しました。

女性専用ステッカーも上りから4両目に貼り付け。以前は6両から組み替えて4両にすると女性専用車の位置が異なっておりネックでした。

これで現代南海高野線車両は8200系6両、6200系更新車4両、6000系2両、6300系10両揃い合計22両となりました。

今後、さらに編成を増やしさまざまな運用を再現していこうと思います。

以上

最後までありがとうございました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

近鉄車の床下更新やウェザリングを進めています。

どうもどうも・・・

最近一行に完成するものがあらず、ネタが尽きてしまったのですが・・・

模型で近鉄の車両を所有して約10年ほどがたっております。作り始めた頃の車両は出来が悪く、とてもじゃありませんがレンタルレイアウトで走らせるのが恥ずかしくて最近作った車両を持参してしまいます。

Rimg0049_2


ということで・・・未塗装キットから作った車両はオーバーホール、塗装済みキットの車両は塗装手直しを行おうと思います。

そして出来る範囲で床下のウェザリングを塗装で行っていきます。

未塗装キットの編成は今GM完成品に流行の標準ABCの床下がついている車両を一斉更新。バルクパーツの12200系の床下よりそろばん抵抗器や制御器周辺、MGやサイリスタが再現された近鉄旧Aパーツに交換します。

現在工事完了したのは、W42、X11のみ。

Rimg0051そして全車対象のウェザリングはエアブラシによる塗装で、タミヤのフラットブラウンを少量で細かく吹きつけて汚します。試験的にVX01、VW42、VG23、W42、X11で行いました。

新造の合間に少しずつ行っていく方針です・・・

ここからは余談と計画

・阪堺のBトレを買ってみました~塗装は良くてよく似てて文句なしな製品です。でも実車のパンタの舟体が1つしかないので市販パーツが近似のものすらないという罠・・・もしかして8個パンタの改造しろとでも言うのでしょうかw

・近鉄車も新たに新造を開始!!屋根が3両平たく、1両だけ丸い4両と平屋根2両です。

・東武10000系のキット(+中間車のバルク1両)と阪急ミンデン台車、阿波座の2段配管パーツを買ってきました。何が出来るかはお楽しみ~将来的には4両2本で朝夕の重連に・・・

以上~ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

いまさら導入記その2 都営10-300形

続いてのいまさら導入した車両は・・・

Rimg3213都営の緑の子です(笑)これは序のワゴンセールにて手に入れました。

Rimg3217とりあえず行き先の遮光をしてから急行本八幡を貼り付け。クリアパーツに合わせて貼ると枠より下になるのですがそれより上に貼ると屋根に当たるので・・・

なお、床下のスイッチで通過表示灯を消灯することが出来ます。

Rimg3211尾灯の状態。

Rimg3209パンタ回り。別メーカーのものを取りつけようと思ったら、台座のから台座の距離が独特で取替えできませんでした。でもバランスは悪くなかったので純正品のまま出場します。

Rimg3203転落防止幌もちゃっかり・・・あ、中間は全部TNカプラーに交換しました。ちなみにマイクロ製は順次交換していく予定です。

Rimg3210最後に当工場に居る都営車並び。三田線も今後発売されるのでどんどん都営車・・・というか東京の地下鉄が増えていきましたね~

この勢いで地下鉄全路線の車両が揃う日が来るのでしょうか。

以上、長いお付き合いありがとうございました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらな導入記その1 京王6000系

続いてはかなり意外な導入となりました車両を紹介します。

Rimg3206この2車種となります。

Rimg3214_2まずはこの京王6000系から紹介します。京王には初めて手を出してみました。いままで買わないと決心していたつもりが・・・先月、序で新品が売っていたのでついつい(笑)

Rimg3199新宿寄りのみTNカプラーを装備し今後の2連増備を考慮しました。行き先は遮光をしてから快速新宿を貼り付け。

Rimg3207尾灯の点灯状態です。南海のように種別灯と一体になっています。結構明るく個人的には満足です。

Rimg3201
特徴のあるパンタ撤去車。詳しい事情は知りませんが組み替えなどでユニット化してこうなったのでしょう・・・

梯子には黄色で警告しているのも再現されていて全体的にもかなり出来のよい製品だと思います。

京王の紹介はこれくらいにして・・・

続いては都営車に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸の内線の赤い02系 導入~+余談

どうも、どうも~昨日は某映画を見てきました。上映開始して初の休日だったので昼まで満席で結局18時から見ることになりなんとか夜には帰りました・・・

そして今日は1日家で模型三昧でした。あまり弄るところがない車両を含めて24両導入となりました。

Rimg3196まずは先日発売されたKATOの02系から紹介します。

Rimg3192ケースから出して通電テスト~行き先が光るのが魅力ですね。連結器回りがさびしいかな~と思いましたがいいとして。基本的には01系ベースだそうです。というわけで・・・

Rimg319301系と比べてみましょう。01系は全体的に角ばっていますがそれに対して02系は丸みを帯びたデザインです。

Rimg3194_2車体長は01系とは2m差の18mあります。

Rimg3195台車は01系のFS‐530、020に対して02系はSS‐130、030をはいています。

特徴的な紹介はこれくらいで・・・

余談。

Rimg2178この懐かしい箱の近鉄2連も完成しました。

Rimg3197もちろんマークが残っている車体のものですが車番はVW42としました。今はマークがないのですが2012年6月現在の姿としました。

いつもの製作メニューで仕上げました・・・それだけです。

続いては・・・導入したものを紹介します。(またか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

オレンジの201系 完成・・・+番外編あり(2/20さらに題名も訂正)

どうも・・・遠征が続いており部屋が積み模型状態となっている中、1編成がほとんど完成となりました。

以前に別のお方が同じキットを作って紹介していたのですが、また違った視点から紹介したいと思います。

Rimg0003ファンからは評判の悪いそうな・・・森電201系です。クリアコートで車体はツヤツヤです(笑)

何よりもこのヘッドライトのチップLEDは前回の模型記事で紹介したものを使用しております。

Rimg0007貫通戸の塗装は前回の103系のときに一緒に塗装した色です。(幌枠までry・・・)窓枠塗装も地獄のような作業でした・・・

所属表記インレタに関してですが、付属品が劣化していて貼れるようなものではありませんでした。そのためこのような箇所が所々あります。

パンタはク〇スポ〇〇トからPS16Nが発売されるということ・・・(2/18訂正)なのですが、201系は2ホーンのため今発売されているPT42を取り付けました。

今回床下機器配置で4時間ほど悩まされたのでその全貌を・・・なのに全部近似のものを艤装しました。

Rimg0010調べに調べた床下・・・一番車番との選定に苦労したチョッパ装置、結局キットに入っていた床下はCH1で初期車タイプ。プロトにした201系はCH1Bを積んでいますが、すべてホワイトに塗ってごまかしました・・・これは指摘くらってもいいレベルです、はい。

J西の定検はブレーキ抵抗器の金網もホワイトに塗っているそうなので写真左の「田」も・・・

Rimg0006クハの床下には1両1時間ほど悩みました・・・ATS車上子も金属パーツで再現。これがあるかないかで結構変わりました。

両先頭にある蓄電池?の位置も異なったりATS‐Pの箱に近似の箱を探すのに苦労しました。

手前の元空気ダメタンクがあり実車はその奥に戸閉タンクらしきものがあったのですが省略・・・

ブレーキ制御装置に箱がついている通常車と箱がなくむき出しの軽装車がおりこれも探しに探しましたがすべて通常車の編成に・・・(2/18変更)したかったのですがこのLB5編成はサハ1両が軽装車でした。

ざっと改良を加えたのはこれくらいです。

今回は自己満足なところまで作り上げたと思っています。

・余談

Rimg0011近鉄2430系のW42の床下更新工事を行いました・・・床下機器をすべてはずしてMc車はそろばん抵抗器を並べて実車に近づけました。Tc車は旧Aパーツをそのままつけました。

その際にもうひとつ試験的にパンタの碍子も近似のものにしてみました。カトーの10100系用パンタから碍子部分だけをいただき、ピンバイスで穴を開けて取り付けてみました。かなり加工が必要なので、とあるメーカーから販売しているものを使うほうがコスト的にもいいかも・・・

・今後の予定

W42と同じく床下更新を同じ形式2430系のAG46でも行います。2両だけ1000系が混ざっている懐かしい編成なのでしっかり再現したいと思います。

その他キットが山積みとなっています。来週24日に近鉄2連と平屋根車を組みたいと思います。

マイクロエースの京王6000系8両を買ってしまいました~のちほど紹介します。

以上~わけのわからないお話にお付き合いいただきありがとうございました・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

今日完成させた車両たち・・・

どうも・・・今日は模型漬けでした。

でも、そのおかげで18両無事に竣工いたしましたので1編成ずつ紹介します。

まずはGMの塗装済みキット103系です。

Rimg2192編成はもう廃車になってしまったK615です。先頭は晩年クハ103ー128、591の組成で最後の廃車回送はN40のオレンジサハを挟んで走りましたね。

ちなみにライトユニットのLEDは白色のチップに交換。眩しいぐらい光ります・・・

Rimg2195パンタ回りは少し気合入れてみた。まだまだ未熟です・・・

貫通引き戸も塗装。何度も調整してこんな感じだろうという程度で・・・

女性専用車ステッカーは自作のものをある方から頂いて貼り付けました。

Rimg2191某HPの副管理人になったのですが・・・あるお方のブログを参考に断流器とMG起動装置LBのアーク流しの塗装も今回初めてやってみました。

ざっと103系は以上ですがあと4両控えています(笑)

※あと、気になった方もいるかと思いますがK615は元JR東日本の車両だったので独特な転落防止幌が有名なのですが模型では連結間隔と曲線走行時の問題でつけていません。

続いては近鉄の塗装済みキット。

Rimg2183_2以前高槻のリサイクルショップで手に入れた品を手入れしたものです。編成はVG23でグレー幌にしました。床下機器の並び替えやクーラーメッシュ塗装などいつものコースで仕上げました。

グレー幌なのかわからないので目撃情報があればお願いします・・・

VG23は以上ですが・・・昨日新たに近鉄の塗装済みキットを手に入れました!!

Rimg2178それがこちら!!いや~懐かしいパッケージですね。この頃の塗装済みキットの中身が一番良かったと思います。今の製品とは比べ物にもならないくらい・・・

いつかこちらもこつこつ仕上げます。

続いては先日リニューアルされた東武10000系の完成品です。

Rimg2184_210000系2両で社紋から新ロゴマークにされた新製品です。こちらも白色のチップLEDに交換。電球色のときより印象が変わりました。

Rimg2186実は持っていた10030系4両と連結。しばらくはこの6両で走らせる予定です。

東急8500や東武50050、メトロ03もあるのでスカイツリーライン絡みのつなぎとして楽しもうと思います。

最後に・・・ついこの前発売のマイクロ京急800形のご紹介です。

Rimg21876両貫通の現在の姿です。見えないくらい明るい行き先は普通 1 新逗子を貼り付け。この電球色がちょうどいいと思います。

シールの種別が普通しかなかったのが少し残念です・・・優等列車でも貼ろうと思っていましたが。

Rimg2188_2ヒューズ箱回りです。配管が今までよりもリアルです。伊勢志摩ライナーの時のヒューズ箱配管にはびっくりしましたがこれは満足です。

Rimg2189近鉄8000系のような2枚扉の貫通引き戸。こんなところも忠実に再現されています。

というわけで京急800形は以上です。

今後まだまだ新造する車両が控えおり、それでも増え続ける一方です・・・

で、製造予定~

近鉄VVVF車2両

東急5080系6両

泉北5000系8両

201系オレンジ8両

103系スカイブルー4両

京急700形鉄コレ、クロポ製計8両

南海6100系→6300系?両

となっています。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

現在製作中の車両

どうもこんばんは。

先日月曜日は成人式の後に同窓会をしまして、2日酔いでぶっ倒れてました。でも久しぶりに同級生に会えてよかったです。みんな大半が大学生ですが、自分と同じく働いてる人やなんと!会社を建てたというたくましい人もいましたね~性格が相変わらずの人、生まれ変わったような人もいました・・・・・・

そんな話はさておいて~最近模型製作が進まないのです・・メインに進めているものが4編成ほどいますが全然完成が見えてきません。

なのでその4編成の製作状況を一挙に書いてしまいたいと思います。

Rimg2151まずは一番仕上がりが遅れている泉北5000系。床下配置や塗装を終えてあとは窓を貼ればほぼ完成ですが、正面ガラスでてこずっており中断・・・正面ガラスの内貼りだけは避けようと試行錯誤しているところです。(塗装が剥がれているのはその証拠です・・・

Rimg2150続いて新ネタです。先日高槻のリサイクルショップで手に入れた車両です。なんと塗装済みVVVFマークつきの近鉄アルミ車4両です。こちらは週末に完成させます。

Rimg2148続いて103系。もうクリアコートを吹きつけようという段階まできています。屋根、床下もスタンバイ完了しており、これも週末には作り上げたいです。(また塗装済みの4両買ってきたのでw)

Rimg2149最後に201系。貫通引戸を塗ってそのままです。側窓の縁の塗装にそろそろ入ろうかというところまできました。屋根、床下については調査していないので手をつけていません。

ざっと大きく動いているのはこの4編成です。

ほかにも中古で買った完成品や今日届いた東武10000系2両もあります。

どれだけ進めれるかわかりませんが週末に追い込みます!

ということで今後の導入予定も言っちゃいます。

マイクロ・・・京急800型、副都心7000系、(祝!!!!)近鉄チョッパ各種、大交60系冷房更新
KATO・・・丸の内02系、381系くろしお
GM・・・東急8590系

を予定していますが、これでも予算的に破産コースな金額なので切り捨てれるものから省いていこうと思っています。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

【初めての真鍮キット】泉北5000系を作る その3

どうも、日付が変わってすぐの更新ですが・・・28日仕事納めしてきました。日勤であるのですが、今年は偶然にも年末年始が6連休となるのでゆっくり模型工作を進めれそうです。

31日夕方からは毎年恒例の近鉄終夜運転すごろく大会が開催されますね~今回は距離が伸びて、新ルールも導入し期待が広がりますね。

さて、泉北5000系ですが、アイボリー塗装後屋根とクーラーの塗装を行い、乾燥させて取り付け・・・

夜のうちには先頭車の帯も貼ってみました。

Rimg1988だいぶと雰囲気出てきましたね~

次回は床下の製作を行います。あとは中間車の帯も仕上げます。

余談

Rimg1989以前作った6200系更新車の修繕工事を行っています。6507ライトの位置修正、全車帯の剥がれている箇所をはりかえてクリアーコートを吹きなおします。そのため窓もすべて取り外しております。窓は両面テープで貼っていたので外しやすくて助かりました・・・

103系スカイブルーの製作も開始しました。まだ床下しか出来ておりません・・・

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧